スズメバチを一匹殺すとどうなる?正しい対処法を解説
 

「スズメバチを一匹殺すと仲間が襲ってくる」という噂の真相を知りたい方も多いと思います。

結論を言うと、スズメバチを一匹殺すと仲間が襲ってくる可能性があるのは事実です。

思わず「早く駆除したい」と、一匹のスズメバチを殺虫剤やハエ叩きなどで殺してしまうことで、大惨事になる恐れがあります。

ここでは、スズメバチを一匹殺すとどうなるか?について詳しく解説し、一匹だけ殺してしまった時の対処法についても見ていきましょう。

 

スズメバチを一匹殺すとどうなる?

スズメバチを一匹殺すとどうなる?
 

スズメバチを一匹殺すと、危険を察知した他のスズメバチが集まってきて、集団で攻撃されることがあります。

スズメバチは、危険を感じた時に「フェロモン」という匂いの信号を出し、仲間に知らせます。

周囲にいる仲間のスズメバチがフェロモンを察知すると、仲間を守ろうと対象を激しく攻撃することがあるのです。

大きなスズメバチの巣であれば、大きさは数十センチにもなり、中には百匹近くのスズメバチが潜んでいます。

たった一匹のスズメバチを殺すだけで、仲間の危機を察知した大量のスズメバチの群れに攻撃される危険性がある、ということに注意しましょう。

 

スズメバチを一匹殺した際の対処法

スズメバチを一匹殺した際の対処法
 

スズメバチを一匹見かけるのが危険ということが分かっていても、実際スズメバチが一匹だけなら殺虫剤などで「駆除してしまいたい」と思う方も多いでしょう。

もしスズメバチを一匹殺した際は、すぐにその場を離れて安全を確保することが大切です。

少なくとも、スズメバチを殺した場所から数メートル離れ、遠くから仲間のスズメバチが集まってこないかしばらく様子を観察できる場所が理想です。

その場を離れる時は、慌てて走ったり大きな動きをすることは避けて、仲間のスズメバチを刺激しないようにしましょう。

避難する際に大きな動きをすることで、スズメバチの攻撃対象となる恐れがあります。

また、一時的にやり過ごしても、近くに巣があれば今後再びスズメバチに襲われてしまうリスクがあるため、巣の調査や駆除を検討するようにしましょう。

 

スズメバチに遭遇した際の正しい対応

スズメバチに遭遇した際の正しい対応
 

スズメバチに遭遇した時は、基本的に距離を取って自分の身を守ることを最優先してください。

たった一匹のスズメバチであっても、フェロモンを出して仲間を呼ぶ可能性があるため、下手に刺激しないことが大事です。

もしスズメバチに遭遇したら、安全を確保した上で巣の場所を特定する必要があります。

ただし、スズメバチの巣は軒下や土の中・庭木など様々な場所に作れるため、発見するのが難しいこともあります。

また、巣の場所が分かっても、人間が入り込めないほど狭い場所に作られることもあるため、スズメバチの巣を根絶したい場合は、専門家に相談し、調査してもらった上で対処するのが賢明です。

 

スズメバチの巣を自力で駆除するリスク

スズメバチの巣を自力で駆除するリスク
 

もしスズメバチの巣を見かけた時、なんとか自分で駆除しようと思う方もいるでしょう。

実際スズメバチの駆除に必要な防護服や殺虫剤などは、ホームセンターや通販などで手軽に購入することが可能です。

しかし、時には数十センチにもなるスズメバチの巣の中には、大量のスズメバチが潜んでおり、むやみに刺激することで巣の中にいる大量のスズメバチに襲われてしまうリスクがあります。

また、スズメバチの針は防護服を貫通することもあり、防護服の隙間から入り込む可能性もあるため、絶対に安全とは言えません。

スズメバチは、巣の安全を脅かす存在に対して執拗に攻撃を仕掛ける習性があるため、安全に駆除したい場合は、ハチ駆除のプロに相談することをおすすめします。

 

スズメバチを一匹でも殺すのは危険

スズメバチを一匹でも殺すのは危険
 

スズメバチを一匹でも殺すと、仲間のスズメバチに襲われる可能性があるため、危険です。

もしスズメバチに遭遇したり、巣を見つけたりした時は、殺すのではなく「ハチ王」にご相談ください。
ハチ王は、全国にネットワークを持っており最短5分で現場へ駆けつけます。

ハチ王では、スズメバチでも料金の変動なく駆除を行っております。料金シミュレーションでは地域と駆除場所を入力するだけで、明確なお見積りをお出ししております。ホームページ上で完結する仕組みで、最低料金ではないため、安心してご依頼ください。

 
>ハチ駆除の料金のご案内はこちら
 
>>ハチ駆除の無料の現地調査依頼はこちら
 

フリーダイヤル:0120-996-974(電話受付時間8時〜22時)
メール:365日24時間受付