蜂駆除で使用する防護服の特徴を徹底解説!失敗しない選び方も
 

「蜂駆除を自分でやるために防護服が欲しい」「蜂駆除で使う防護服をどのように選んだら良いか分からない」

蜂駆除に必須とも言える防護服は、全身を守ることができ、通気性の良い物を選ぶのが望ましいです。

また、蜂駆除の際に大量の蜂に囲まれる恐れがあるため、いざという時すぐ逃げられるよう動きやすさも重視すると良いでしょう。

ここでは、蜂駆除に適した防護服の種類や特徴について詳しく解説し、選ぶ際のポイントを見ていきましょう。

 

蜂駆除で防護服は必須アイテム

蜂駆除で防護服は必須アイテム
 

蜂は、自身や巣に対して危害を加える物を攻撃対象と認識し、襲ってきます。その際蜂に刺されるリスクを最小限にとどめるため、蜂駆除では防護服が必須です。

蜂は人間の体のいたるところに攻撃を仕掛けるため、防護服は全身を守るために必要と言えます。

ただし、日本に生息する蜂の中で一番大きく攻撃性・毒性が強いとされるオオスズメバチを駆除する際には、防護服の生地の上から針が貫通してしまう恐れがあります。

そのため防護服を着ていれば絶対に安全とは言い切れません。あくまで「蜂に刺されるリスクを最小限にとどめてくれる物」と認識して、うまく活用するようにしましょう。

 

蜂駆除で使用する防護服の特徴

蜂駆除で使用する防護服の特徴は、次の3点。

・分厚い生地でできている
・蜂が止まりにくい素材でできている
・蜂が攻撃しにくい色でできている

特にポイントなのが、防護服の色味です。
蜂駆除に使用する防護服は、頭からつま先まで真っ白で統一されているものがほとんどです。

その理由は、蜂に襲われにくくなる工夫が凝らされているからです。
蜂は、攻撃対象の色の濃い部分を狙う習性があります。例えば、防護服を着ていても、靴や靴下が黒いと、足を目掛けて襲ってくる可能性があります。

また、目や頭髪など、黒い部分が露出していると、その部分目掛けて攻撃される恐れがあるため、防護服は蜂に襲われにくい白色で全身を覆うようにできています。

 

蜂駆除で使用する防護服を選ぶ際のポイント

蜂駆除で使用する防護服を選ぶ際のポイント
 

ここまで蜂駆除に使用する防護服の特徴について解説してきましたが、種類が多く、どのようなものを選ぶべきか分からない方も多いでしょう。

結論を言うと、防護服は蜂駆除の専門家が開発に携わっている電動ファン付きの物を選ぶのがおすすめです。

なぜなら、プロ仕様の防護服は蜂の止まりにくさ、分厚さ、通気性全てに優れているからです。

どの防護服も、蜂の止まりにくさや分厚さはある程度クリアできています。しかし、通気性に優れ、「使いやすさ」まで考慮できているものは少ないです。

蜂は夏の時期に最も行動が活発になるため、蜂駆除作業も必然的に気温が高くなる夏場に行われることが多いです。

夏場に防護服を着て長時間作業すると、熱中症のリスクが伴うため、通気性が良くなるよう電動ファンを備えた防護服を選ぶと良いでしょう。

 

防護服以外の蜂駆除での必須アイテム

蜂駆除の際、防護服は必須ですが、ヘルメット・手袋・長靴も揃えると、より安全です。

蜂はわずかな隙間から侵入して攻撃を加えるため、できるだけ隙間をなくすよう防護服でカバーしきれない隙間を埋めるアイテムを揃えるのが良いです。

まず、ヘルメットを被ることで、蜂が攻撃性を示しやすい黒色の頭髪を隠すことができます。
手袋は、蜂の針が貫通しにくい突き刺し防止の作業用手袋を用意すると、蜂の巣に触れる手を効果的に保護することが可能です。

最後に、白色系の長靴やブーツも防護服のわずかな隙間をなくすことができ、蜂の侵入を防ぐことができます。

 

蜂駆除で使用する防護服について

蜂駆除で使用する防護服について
 

今回は、蜂駆除に必須な防護服について解説してきました。
昨今ではプロ仕様の防護服も手軽に購入できますが、防護服はあくまで蜂に刺されるリスクを最小限のとどめる物のため、過信は禁物です。

もし蜂駆除に少しでも不安がある場合は、「ハチ王」にご相談ください。
ハチ王では、ホームページで料金が明確に分かる料金シミュレーションを導入しており、地域と作業場所を入力するだけで最低金額ではなく、確定金額が分かるようになりました。

自分だけでは処理しきれない大きな蜂の巣や、複数の巣でも料金の変動はありません。

お困りの際はお気軽にご相談ください。

フリーダイヤル:0120-996-974(電話受付時間8時〜22時)
メール:365日24時間受付

 
>ハチ駆除の料金のご案内はこちら
 
>>ハチ駆除の無料の現地調査依頼はこちら