蜂の忌避剤の効果と選ぶ際のポイント・注意点を解説
 

春に活動を始める蜂は、巣が大きくなってくる夏から秋にかけて攻撃性が増し、人を刺すことがある危険な害虫です。

最近では、ゴキブリが出ないスプレーなども販売されていますが、蜂対策として、蜂を寄せ付けないための忌避剤スプレーや、自分で作れる忌避剤もあります。

この記事では、蜂の忌避剤についての詳しい説明や、効果、選ぶ際のポイント・注意点を解説していきます。

 

蜂の忌避剤とは?

蜂の忌避剤とは、蜂を寄せ付けないようにするための製品になります。

それらは、主に科学的な成分や自然由来の成分を使用しており、蜂が嫌う匂いや成分を含んでいます。

忌避剤には、「特定の場所」に蜂を寄せ付けない為に設置するものや、散布をおこなうスプレータイプ、人の肌に塗ることができるクリームタイプなどがあります。

 

蜂の忌避剤の効果

蜂の忌避剤の効果
 

ハイキングや山登りの際に、自身に蜂の忌避剤となるクリームを塗っておくことで、蜂に遭遇しても刺される危険性を低くすることができます。

「特定の場所」に設置もしくは散布するタイプの忌避剤は、使用することで、蜂がその場所に近づかなくなるため、巣を作らせない効果があります。

自宅の庭や軒下、ベランダなどに蜂の巣を作られてしまうと、日々の生活の中で蜂の恐怖にさらされることになりますが、忌避剤を活用することでそれを防ぐことができるのです

 

蜂の忌避剤を選ぶ際のポイント・注意点

蜂の忌避剤を選ぶ際のポイント・注意点
 

蜂に巣を作らせないための忌避剤には、市販で購入できるスプレータイプや自分で作ることのできるハッカ油や木酢液などがありますが、その効果の持続期間や人やペットへの影響について注意する必要があります。

詳しく解説していきます。

 

スプレータイプ

スプレータイプの殺虫剤には、蜂を駆除するための成分が強いものと、蜂が嫌がる成分も一緒に含んだものがあります。どちらも忌避効果がありますが、持続期間はおおよそ1~2週間程度で、野外に撒いた場合、雨で流されてしまうので、天候に注意し、定期的に撒く必要があります。

また、基本的に殺虫スプレーは人体に影響がないように作られていることが多いですが、植物へ悪影響をもたらす可能性があります。小さなお子さまがいる場合や、ペットを飼っている方は念のため成分や使用方法をしっかりと確認するようにしましょう。

 

木酢液

強烈な焦げ臭さが特徴の木酢液は、蜂が嫌がる匂いですが、植物の成分で作られているため、植物に影響もなく、スプレーに比べて人体にも影響が出づらいです。しかし、蜂の駆除をする成分は入っていないので、駆除はできません。

持続期間は1~2週間程度で、こちらも雨で流れてしまう為、定期的なメンテナンスが必要です。

 

ハッカ油

ハッカ油に含まれるメントールは、蜂が苦手な成分のため、ハッカ油も忌避剤として使用できます。

殺虫スプレーや木酢液に比べて忌避効果は低いですが、匂いがきつすぎず、安全面でも使いやすいです。ただし、猫にとって精油は有害物質になるので、猫を飼っている方は使用できません。

また、持続期間が数日と非常に短いので、ほぼ毎日のメンテナンスが必要になります。

 

蜂の忌避剤の自作方法

蜂の忌避剤の自作方法
 

ハッカ油や木酢液を使った忌避剤は自宅で作ることができます。

それぞれ作り方を解説していきます。

 

ハッカ油を使った忌避剤

  1. スプレーボトルに水を入れる
  2. ハッカ油を10~20滴加える※約100倍に薄める
  3. よく振って混ぜ合わせる
  4. 必要な場所にスプレーする

 

木酢液を使った忌避剤

  1. スプレーボトルに水を入れる
  2. 水1リットルに対して木酢液100mlほどを入れる。
  3. よく振って混ぜ合わせる
  4. 庭やバルコニーなどの蜂が来そうな場所にスプレーする

 

蜂の忌避剤を活用するなら

蜂の忌避剤を活用するなら
 

蜂の忌避剤は、蜂が嫌う成分や匂いがする製品であり、上手に活用することで、人が蜂に刺されるリスクを減らし、また、身近な環境に巣を作らせない効果があります。

殺虫スプレーのようなスプレータイプの他に、自作が可能なハッカ油や木酢液を使った忌避剤があるので、家族環境などに合わせて最適なものを選びましょう。

蜂の忌避剤は持続効果が長くても2週間程度で、雨で流れてしまうので、天候などにも注意して定期的に撒くようにしましょう。

しかし、忌避剤で対策をしていても蜂の巣を作られてしまうことがあります。

蜂の巣の駆除は、刺されるリスクが伴うため、忌避剤で対策していたにも関わらず蜂の巣が作られてしまった場合は、ぜひ「ハチ王」へご相談ください。

10年間で10万件以上の蜂駆除をおこなってきた実績があり、駆除はもちろん、戻り蜂対策として忌避剤を撒いて対策をおこなっています。一か月以内に再度同じ場所に巣が作られてしまった場合は、無料で駆除をする保証もついてアフターフォローも万全です。

お困りの際は、ぜひハチ王にお気軽にご相談ください。

 
>ハチ駆除の料金のご案内はこちら
 
>>ハチ駆除の無料の現地調査依頼はこちら
 

フリーダイヤル:0120-996-974(電話受付時間8時〜22時)
メール:365日24時間受付