ペットボトルトラップでの蜂駆除方法を解説!作り方・注意点など
 

「去年庭に巣を作られて駆除したのにまた作られてしまった」「数週間前に蜂駆除したのに、また巣ができている」というお悩みをお持ちでしょうか。

蜂は安全で、エサを取りに行きやすい場所に巣を作ります。そのため、一度巣を作られた場所は、巣作りに最適な環境であるため、何度も巣を作られる可能性があるのです。。

この記事では、どなたでも簡単にできるペットボトルトラップでの蜂駆除方法を解説します。

 

ペットボトルトラップでの蜂駆除とは?

ペットボトルトラップでの蜂駆除とは?
 

ペットボトルトラップは、家庭でも簡単に準備できるペットボトルを利用して蜂駆除をおこなう装置です。

蜂が好む液体(誘引剤)を入れて、吊るしておくことで、香りに誘われた蜂がペットボトルに入り込み、中の液体に溺れて出られなくなる仕組みです。

女王蜂が活動を始める春頃にペットボトルトラップを吊るしておくことで、女王蜂駆除をすることができるため、繁殖がおこなわれずに蜂の被害を最小限に抑えることができます。

 

ペットボトルトラップでの蜂駆除のメリット

ペットボトルトラップでの蜂駆除のメリット
 

ペットボトルトラップで誘い込み女王蜂駆除することは、蜂の巣作り、繁殖を止めることができるため、何百、何千という蜂が誕生することがなくなり、蜂の数を減少させることができる大きなメリットがあります。

蜂駆除といっても、活動している蜂を相手にする必要がなく、誘引剤の中で溺れた蜂の始末をするだけなので、刺される危険性がほぼないと言っても差し支えないでしょう。

また、蜂駆除を業者に依頼すると、大体の予算として10,000円~50,000円もの料金がかかってしまいますが、ペットボトルトラップであれば、空のペットボトルの準備と誘引剤の液体を作るだけで、家にあるもので出来ることもあるので、コストをかけず蜂駆除が可能となります。

 

ペットボトルトラップでの蜂駆除方法

ペットボトルトラップでの蜂駆除方法
 

ここではペットボトルトラップをどのように作り、駆除をおこなうのかを解説していきます。

 

作り方・設置方法

1.材料を準備する
・2リットルの空のペットボトル
・カッター
・ビニール紐や針金
 
2.ペットボトルトラップを作る
・ペットボトルの半分より上の位置に2センチ四方の穴が開くように「H」型に切り込みを入れます。穴の数は2~4箇所程度でかまいません。
・「H」型の切り込みの上半分を雨よけのように外側に折り込みます。逆に切り込みの下半分は、蜂が外に出にくいように内側に折り込みます。
 
3.蜂が好む液体(誘引剤)を作る
誘引剤は蜂が好むと言われているぶどう、もしくはぶどうジュースを入れ、ミツバチを寄せ付けないために酢をいれます。さらに、蜂の呼吸を抑える効果がある界面活性剤入りの洗剤を数滴入れます。

ここでは山口市(※)が紹介しているレシピを紹介します。他にもさまざまなレシピがネットで公開されているので参考にしてください。

例1)酒300ml+酢100ml+砂糖100g+ぶどうの皮+界面活性剤入り洗剤数滴
例2)焼酎:オレンジジュース+界面活性剤入り洗剤数滴=1:1
例3)乳酸菌飲料のぶどう味(原液):水+界面活性剤入り洗剤数滴=6:4

※参考:山口市:ペットボトルラップで、スズメバチの営巣を予防しましょう
 
4.誘引剤を入れ、紐や針金をつけます。
誘引剤は入れすぎてしまうと、蜂が穴から出てしまう可能性があるので、ペットボトルの1/4程度までにします。

ペットボトルの蓋の部分にビニール紐や針金をつけて完成です。
 
5.ペットボトルトラップを設置する
作ったペットボトルトラップは、庭の木や玄関の軒下など、蜂が巣を作りやすい場所に設置しておきます。ただし、誘引剤の発酵が早くなり、交換頻度があがってしまうので、直射日光は避け、日陰に設置しましょう。
また、設置するのは蜂が活動をしない夜間から早朝の時間帯にしましょう。

 

注意点

ペットボトルトラップは、あえておびき寄せ、蜂駆除をおこなうことから、人通りが多い場所は避け、お子さまやペットがいる場合、届かない高さに設置しましょう。

誘引剤の効果は大体2週間程度となります。蜂が入ってなくても、2週間で誘引剤を交換し、蜂が入ってないようであれば設置場所を変えます。

蜂がトラップにかかっていた場合、死骸でも針に触れると危険なため、厚手の手袋などをつけて慎重に廃棄してください。

また、ペットボトルトラップは、女王蜂を駆除するためのものなので、働き蜂が活動を始める6月以降には撤去しましょう。

 

ペットボトルトラップでの蜂駆除方法をチェック

ペットボトルトラップでの蜂駆除方法をチェック
 

ペットボトルトラップでの蜂駆除は、巣を作り、働き蜂を繁殖する女王蜂を巣を作る前におびき寄せ、駆除する方法です。

女王蜂駆除をすることで、蜂の巣が作られず、蜂が繁殖しないため、蜂駆除の予防効果が非常に高くなります。

しかし、働き蜂が活動を始める頃には撤去する必要があり、トラップにかからなかった女王蜂が巣を作ってしまうこともあります。

自宅に蜂の巣が出来てしまったという場合は、蜂駆除の専門業者であるハチ王へご依頼ください。

10年間で10万件以上の蜂駆除をおこなってきた実績があり、駆除はもちろん、戻り蜂対策もしっかりおこなっています。また、一か月以内に再度同じ場所に巣が作られてしまった場合は、無料で駆除をする保証もついてアフターフォローも万全です。

お困りの際はお気軽にご相談ください。

 
>ハチ駆除の料金のご案内はこちら
 
>>ハチ駆除の無料の現地調査依頼はこちら
 

フリーダイヤル:0120-996-974(電話受付時間8時〜22時)
メール:365日24時間受付